Share
【インヒューマンズ(hulu)】第7話のあらすじ・レビュー・登場人物・キャスト一覧

【インヒューマンズ(hulu)】第7話のあらすじ・レビュー・登場人物・キャスト一覧

Advertisment

物語もいよいよ佳境に。

ゴーゴンを失った王族は地球で世話になって人間と別れ、遂にマクシマス打倒のため月に帰還する…。

 

インヒューマンズ 第7話のネタバレ

マクシマスの反乱の目的が2度目のテリジェネシスであることを突き止めたブラックボルトら王族。

しかし、今後について強硬策で行こうとするカルナクと、これ以上の犠牲を出してはならないとするメデューサが対立。
マクシマスの処遇に関しても処刑を望むカルナクとそれに同意するような態度のブラックボルト。
メデューサは「自分の弟を殺した王が国民にどう思われるか?」と問いかけあくまで流血を避けようとする。

 

ひとまずブラックボルトはクリスタルとロックジョウをマクシマスのもとへ向かわせ、協議をしたいと申し出ることに。

 

また、ブラックボルトはカルナク以外には秘密にしていたトライトンとの合流場所へ皆で向かう。
元気なトライトンと合流し、アティランの王家のシェルターへ帰ってきた一行は、遂にニセの王を倒す作戦を開始する。

 

正午になり王宮の広場へ姿を現した王族。

ブラックボルトはマクシマスに
・二度目のテリジェネシスを許可する
・その代わり王座は返してもらう
・懲罰は与えない
と伝え、マクシマスもそれを一旦承諾する。

デクランをマクシマスに渡し、協議は成立したかのように見えたがマクシマスは王座の返還を拒否。
マクシマスは「これは協議だ、ここで誰かを傷つけたら民衆が怒りだすだろう」とブラックボルトらの提案を無碍にして、その場から立ち去らせることに成功する。

 

ひとまずシェルターに戻ったブラックボルトらは協議の失敗を踏まえ再度話し合う。
その中でカルナクはブラックボルトに、ゴーゴンにも2度目のテリジェネシスを経験させて生き返らせることができるのではないかと提案する。
この提案を拒否されたカルナクは忠誠心が揺らぎ始めたオーランのもとへ向かい、彼女のDNAを提供するよう要求する。
カルナクは独断でゴーゴンにオーランのDNAを注入、生き返らせようとするが…。

 

マクシマスはデクランを連れていよいよテリジェネシスを行おうとする。しかし王宮に異変が発生。
デクランをそこに置いてマクシマスは問題の対処に向かう。
置いて行かれたデクランは1人、生き返ったゴーゴンと対峙する。

 

トライトンがマクシマスを襲う。
警備隊を1人でやっつけ、ブラックボルトのもとへマクシマスを連行。
マクシマスを殺そうとするブラックボルトだったが、危機制御システムを作動させておいたマクシマスに一杯食わされ、ここでの殺害は断念することに…。
(マクシマスが死ぬとアティランを覆う反射ドームが崩壊し、木っ端みじんになるらしい)

Advertisment

 

インヒューマンズ 第7話の感想

 

・メデューサがいきなり離婚を切り出した
ここでこのタイミングで!?
「共に歩むか、別れるか」とブラックボルトに迫るメデューサ。
その後何もなかったかのように過ごしていた2人ですが、夫婦喧嘩もそこそこに…。

 

・トライトンがやっと登場
フードを被ったトライトンはスターウォーズのシス卿みたいでしたね。
何気に強いし。

 

・カルナクが暴走
カルナクは能力が欠けてジェンと出会ってからというもの、まるで別人。
ブラックボルトの言いつけを守らず1人で王宮内に忍び込み、勝手にテリジェネシスを起こしちゃうという…遺伝子評議会が全滅したのをいいことにマクシマス同様やりたい放題になっています。

 

インヒューマンズ 第7話に登場する登場人物・キャスト一覧

ブラックボルト
キャスト:アンソン・マウント

メデューサ
キャスト:セリンダ・スワン

クリスタル
キャスト:イザベル・コーニッシュ

カルナク
キャスト:ケン・レオン

トライトン
キャスト:マイク・モース

マクシマス
キャスト:イワン・リオン

オーラン
キャスト:ソニア・バルモアズ

ブロナージャ
キャスト:アリ・ダルベルト

フローラ
キャスト:クリスタ・アルバレス

エヴァン・デクラン博士
キャスト:ヘンリー・イアン・キュージック

ゴーゴン
キャスト:エメ・イクワコア

 

前後のストーリー

◇第6話◇

◇第8話(最終話)◇
未配信…。

Advertisment