Share
【ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2(NETFLIX)】第10話のあらすじ・レビュー・登場人物・キャスト一覧

【ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2(NETFLIX)】第10話のあらすじ・レビュー・登場人物・キャスト一覧

Advertisment

ついに母親の怒りをコントロールしきれないと悟ったジェシカは、チェンに説得され、母親を警察へ引き渡すことに。

トリシュは憧れていたZCNからテレビ出演の依頼が舞い込むも、クスリが尽きてしまい…。

 

ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2 第10話のネタバレ

刑務所
ジェリがアリサの弁護を担当することとなり、ジェシカと2人で面会にやってくる。
そこでジェリは、ある条件をのめばラフトに行かずに済み、ここで収監することができると言ってアリサに書類を見せた。
その条件とは、知っていることをすべて自供すること。
もちろんそれにはカールの居場所や彼がしていたことも含まれる…。
断固拒否するアリサ。

 

ZCN
トリシュはテレビ出演の前段階としてカメラの前で原稿を読んでいた。
そこへ特ダネとして能力者の女が捕まったという話題がとんできた。
それを聞き、撮影所を飛び出すトリシュ。

 

エイリアス探偵事務所
トリシュとマルコムに合流したジェシカ。
マルコムはジェシカがアリサといたことを黙っていたことに対し怒って出ていってしまいます。(クスリやってフラフラどこかに走っていったのはそっちじゃ?)
トリシュはジェシカにシンプソンの薬をやっていたことを白状し、アリサのことはあなたのママだからネタにしないと言いますが…。

 

エイリアス探偵事務所
その日のことを考えながら酒を飲んでいたジェシカ。
母親が警察に連行されるところを見ていたオスカーが心配してやってきてくれました…。

トリシュはシンプソンの薬を複製するため成分を分析してもらいますが、有毒物質が含まれておりよくわからない成分もあったため複製はできないと断られてしまいます。

 

ジェリの自宅
ジェシカはジェリに護送を伸ばしてほしいと言いに行きます。
一方のジェリは、自分のALSがシェーンによって治癒したことから立場を翻し、カールの存在を警察に引き渡すことに反対であることをジェシカに伝えます。
もう何がなんだかわからなくなってきたジェシカ。

 

刑務所
面会に来たジェシカは、周囲の看守にバレないよう母親からカールの居場所を聞き出します。

カールに会えたジェシカは、これからアリサが安心して自供できるようカールを引き渡し条約のない南アメリカのどこかへ行くよう伝え、オスカーの偽造パスポート用の写真を撮影しますが、カールにシェーン・ライバックについて尋ねると「そんな男は知らない」と言われてしまいます。
ジェリも自分も騙されていたことに気づいたジェシカ。

一方、アリサのところへトリシュが面会にやってきます。
アリサはトリシュにどうしてIGHを追うのか?と尋ねられてトリシュはカールの取引のことを話題に上げ、アリサを怒らせてしまいます。
アリサから「自分に能力がないからIGHにこだわっているんでしょう」と図星を突かれたトリシュは部屋を後にします。

 

オスカーの部屋
トリシュがジェシカを捜してやってきます。
「あの女は化け物だ」というトリシュに「私の母親なんだから私が決める」と突っぱねたジェシカ。
なんだかもうトリシュもこわいですねぇ。

 

刑務所
以前、肉は食べないアリサに肉を食べるよう強要し、殺されかけた看守の男。
アリサが眠っているといきなり手の拘束具から電流が流れ、目が覚めます。
看守が拘束具を取り換えたのです。
娘との面会が二度とできないようにされたくなかったら肉を食え、と言われるアリサ。

翌日、ジェリから母親がサインしたと連絡が入り、ジェシカは刑務所へ向かいます。
そこで病気が治ったと嬉しそうなジェリに会いますが、ジェシカはシェーンが詐欺師であることを伝えます。信じようとしないジェリ。

ついでに母親とも面会するジェシカ。
その腕に電気ショックを流された火傷のあとを見つけたジェシカは、「何でもない」と言う彼女の視線から例の看守の存在に気づきます。
「絶対に何もしないで」と母親にくぎを刺し「また来る」と言い部屋を出ました。

エイリアス探偵事務所
マルコムとジェシカのことについて話すトリシュ。
2人はジェシカの母親やカールについての調査を一緒に始め、ジェシカのPCを勝手に開けて検索履歴を調べ始めます。
そこで見つかったのは…カールの顔写真でした。

 

ジェリの自宅
ジェリが帰ってみると家にはイネズの姿もシェーンの姿もありません。
貴重品は全て持ち去られ、荒らされ、もぬけの殻。
絶望するジェリ。

Advertisment

 

刑務所前
ジェシカはアリサを傷めつけた看守、デイルについて調べ始めます。
彼に賞を贈りたいと偽って職務上の逸話を伺いたいとニセ電話をかけますが、そこでなんと彼が前の職場を解雇されていたことを知ります。
過去に彼が担当した囚人が数名自殺したことが原因でした。

ジェシカは帰宅するデイルを尾行し、自宅を突き止め室内に入ります。
室内にはたくさんの動物のはく製が。
その中の1つがズレていたことに気づいたジェシカは壁から外して中を探ってみるのですが…そこには囚人服から番号札を切り取った、彼にとって”勲章”ともいえるような遺物が…。
背後に迫るデイル。
ジェシカは催涙スプレーを吹きかけられ警棒で何度も殴られますが、警棒を奪い、無我夢中で腕を振るい…。

 

カールが宿泊するホテル
トリシュとマルコムがすぐそこまで迫っています。
カールの部屋を特定できたトリシュはマルコムを気絶させ、1人でカールの部屋へ入っていきます。

 

ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2 第10話の感想

トリシュがマルコムを「マル」と呼んだだけで「寝たのね?」と気づくジェシカ。すごいですね。
あちらにはあだ名で呼んだらそういうこと、みたいな暗黙のルールがあるのか?
トリシュの事件に対する執着心も異常です…本当にジェシカを思ってのことなのでしょうか。
「ここ最近は私らしくなかった」なんて言っていましたがクスリのせいでしょ…。
トリシュ嫌な奴になってきたな。

ジェシカも遂に”人殺し”になってしまいました。
状況が状況だったとは言え…。

 

ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2 第10話に登場する登場人物・キャスト一覧

ジェシカ・ジョーンズ
キャスト:クリステン・リッタ-
吹き替え:渡辺明乃

パトリック・”トリシュ”・ウォーカー
キャスト:レイチェル・テイラー
吹き替え:木下沙華

マルコム・デュカス
キャスト:エカ・ダーヴィル
吹き替え:中林俊史

ジェリ・ホガース
キャスト:キャリー=アン・モス
吹き替え:日野由利加

オスカー・アローチョ
キャスト:J・R・ラミレス

アリサ・ジョーンズ
キャスト:ジャネット・マクティア

カール・マルス
キャスト:カラム・キース・レニー

 

前後のストーリー

◇第9話◇

◇第11話◇

Advertisment