Share
【ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2(NETFLIX)】第6話のあらすじ・レビュー・登場人物・キャスト一覧

【ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2(NETFLIX)】第6話のあらすじ・レビュー・登場人物・キャスト一覧

Advertisment

カール先生と思しき男性とデートしていた怪力女は水族館から逃走するが、防犯カメラに2人の乗った車が映っていた。

トリシュはグリフィンと別れ母親ともケンカをして、またもやウィルの薬をやってしまう…。

 

ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2 第6話のネタバレ

ジェシカは水族館で撮影した写真を見て、カール先生が結婚指輪をしている既婚者であることに気づく。
ジェシカはオスカーのところへ酒を飲みに行き、絵の具にまみれながら夜を楽しんだ。
トリシュは薬のせいでおかしくなり、被害妄想や誇大妄想を見るように…。

 

エイリアス探偵事務所
ジェシカがオスカーの部屋から戻るとマルコムがカールが着けていた指輪が結婚指輪ではなく、大学の卒業記念のものであることを突き止めていた。
カールはマルコムが中退した大学にいたようで…。
ジェシカはマルコムに大学へ行って調べてくるよう指示を出すが、中退の仕方が悪かったらしくしぶしぶ出かけていく。

 

ジェリの自宅
イネズが暮らすために必要な下着や洋服を差し入れるジェリ。
だが、彼女が期待するほどの情報を持っていなかったためガッカリ。

 

水族館近くの宝石店
薬で攻撃的になったトリシュと落ち合ったジェシカは店の防犯カメラを見せてもらう。
そこには怪力女の首筋に薬を打ち込み車に乗せるカールの姿が。

 

大学構内
ニシェルという学生に声をかけるマルコム。
(薬をやる前までは国内でも屈指の有名大学に通っていた)
薬漬けになって別れた元彼女のようだが、和解をするフリをして彼女のIDを盗み出す。

 

ジェリの自宅
イネズとの同居は限界だから明日までにしてくれとジェシカに電話するジェリ。
そんな話声を聞いたイネズは彼女のアクセサリーや薬までも持ち出そうとカバンのなかに詰めていく。
ジェリの持っているリルゾールという薬に何か思い当たる節があるような顔をするイネズ。

 

エイリアス探偵事務所
マルコムと合流したジェシカとトリシュは早速、マルコムからカール先生の正体…カール・マルスという名前と卒業年度と顔写真にたどり着くき、さらにジェシカが調べてみるとカールの使ったクレジットカードの請求先としてアンビーホースというパンストの製造会社が出てきた。
アンビーホースの経営者はジャスティス・アンブローズという男。
ゴルフ場にいる彼に話を聞くためトリシュとジェシカは役割を分担して会員制の場内へ進入する。

 

ゴルフ場
アンブローズは「カールに助けられてた患者かな?すばらしい」と話し始める。
アンブローズの息子は生まれたときから難病だったが、カールに当時認められていなかった違法な治療を施してもらい、治癒。
今は大学を卒業するまでになったのだと言う。
ジェシカはあなたも殺される、と忠告するがアンブローズは「私は彼の味方だ」と言い耳を貸さなかった。
しかもカールに電話までして報告、カールは自宅で拘束していた怪力女を目覚めさせ「ジェシカがくる」と話しかけるのだった。

ゴルフ場から気分を悪くしたトリシュを連れて自宅へ帰ってきたジェシカ。
ジェシカが家を出るとトリシュは人が変わったように薬を探し始めた。

 

ジェリの自宅
イネズがジェリにIGHの話をし始める。
彼女がALSだと知ったからだ。
彼女曰く、患者は怪力女以外にもう1人いて、その男には治癒能力が備わったらしい。
彼のおかげで歩けるようになったと言うイネズ…。

 

トリシュの自宅
マルコムがトリシュの忘れ物の上着の中から例の薬を見つけた。
彼女の自宅に届けてあげるマルコム。
禁断症状で吐き気や体調不良を催していたトリシュだったが、彼の持ってきた上着の中に入っていた薬を吸い直し、体調は回復。
その勢いでマルコムと寝るのだった。

 

カールの自宅
アンブローズからカールの居場所を聞き出してやってきたジェシカ。
しかしそこは怪力女の家。
奥に進み厳重なドアを開けると、そこには拘束用のベルトがついたベッドのある寝室が。(先ほど怪力女が拘束されていたベッド)
ジェシカにとって見覚えのあるメデルマという軟膏や、嗅いだことのある香水、ウィッグも置かれている。
どんどん怪訝な表情になっていくジェシカ。
極めつけは、写真立て。
そこには幼い弟と自分の写真が…。

Advertisment

「ジェシカ」と声を掛けられ後ろを振り返ると…追っていた怪力女が立っていた。
なんと、その女は死んだと思っていた実の母親だったのである。

 

ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2 第6話の感想

イネズの背中に「吉」という明らかに日本語の入れ墨がありました。ナゾ。

そしてとうとう怪力女はジェシカの死んだはずの母親、アリサ・ジョーンズだということが判明しました。
カールとはどういう関係なのか…?
どうしてこうなった?的な疑問がたくさん。
以降に期待です。

トリシュはまた…もう…。
ジェシカといたらいつもはトリシュが止めに入る役なのに、薬をやり始めたら途端立場が逆転してしまいました。
禁断症状も激しいですし、これはマルコムが気づいて彼女を更生させるパターンになるのでしょうか。

 

ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2 第6話に登場する登場人物・キャスト一覧

ジェシカ・ジョーンズ
キャスト:クリステン・リッタ-
吹き替え:渡辺明乃

パトリック・”トリシュ”・ウォーカー
キャスト:レイチェル・テイラー
吹き替え:木下沙華

マルコム・デュカス
キャスト:エカ・ダーヴィル
吹き替え:中林俊史

ジェリ・ホガース
キャスト:キャリー=アン・モス
吹き替え:日野由利加

オスカー・アローチョ
キャスト:J・R・ラミレス

イネズ・グリーン
キャスト:リア・ギブソン

アリサ・ジョーンズ
キャスト:ジャネット・マクティア

エディ・コスタ刑事
キャスト:ジョン・ベンディミグリア

カール先生、カール・マルス
キャスト:カラム・キース・レニー

 

前後のストーリー

◇第5話◇


◇第7話◇

Advertisment