Share
【ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2(NETFLIX)】第3話のあらすじ・レビュー・登場人物・キャスト一覧

【ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2(NETFLIX)】第3話のあらすじ・レビュー・登場人物・キャスト一覧

Advertisment

遂に姿を現した、IGHに作られた”モンスター”。
トリシュを守るため彼女のあとをつけていたウィル・シンプソンは一瞬でその”モンスター”の犠牲に…。
ジェシカはトリシュを守るため、自分の過去と向き合うため、本格的に調査へ乗り出す。

 

ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2 第3話のネタバレ

どこかの海辺
昔家族とよくここへ来たというジェシカ。
ジェシカは精神科医の催眠の力を借りて過去の記憶をたどろうとするが、うまくいかない。
催眠は諦めてトリシュが前々から少しづつ集めてきたIGHの資料を読んでみることにする。

 

ジェリの法律事務所
ミーティングの時間でもないのに執務室へやってきたパートナーたち。
パムとは和解したものの、ジェリは自身の体調問題からパートナーたちに退職を迫られる。

 

エイリアス探偵事務所
帰宅したジェシカにマルコムが退去命令書を持ってやってくる。
管理人のオスカーのところへ文句を言いに行くジェシカだが、大家も賛成しているという。
しかしマルコムが管理人のことを調べてみると、彼には偽造の前科があることが判明。
前管理人がクビになり、オスカーが今の管理人になったのも何かワケありで、マルコムはそれとなく聞き出しに行く。
彼が出て行った後、ジェシカは家を出て再びIGHへ向かう…。

 

トリシュの家
トリシュは自分のことを心配してくれるグリフィンとけんかになってしまう。
少し距離を置こうと提案するトリシュにグリフィンは「少し考える」と家を出て行く。

 

ジェリの法律事務所
ジェリの執務室へ退職金の提案を持ってきたのはフォギー!
「病気のせいで退職を促すなんてひどすぎる。一緒に戦おう」と味方になってくれたが、ジェリは彼の申し出を断ってしまう。

 

IGH
ジェシカは見覚えのある扉に近づいていく…。
その扉は埃まみれだったが、”ハンセン”という医師の名前が書かれてあった。
ハンセン医師は90年代にメトロ病院で勤務していたという記録だけが残っている。

 

ハンセン医師の住むマンション
さっそくハンセン医師の住所へ向かうトリシュとジェシカ。
しかし彼の家に入ってみると中は荷物も何もない空っぽの状態。
そこへ隣人がやってきて彼は一週間前に引っ越したと話しかけてくる。
女性が地下に荷物を運んでいたと…。
地下には焼却炉のようなものがあり、熱くはないものの中からかび臭いにおいがする。
ジェシカが中に何か入っていると手を突っ込んで出てきたのは…人間の頭!
2人はハンセン医師かもしれないとそれを持ち帰り、メトロ病院のモーリーというトリシュのファンに頭部を特定させるのだった。

 

エイリアス探偵事務所
大家のところへ行ったマルコムだったが収穫はゼロ。
オスカーにはよくしてもらっていて、もうすぐカンボジア人の恋人と一緒に住めるようになるのだと嬉しそうに語り、取り付く島もなかったとジェシカに報告する。
そうすると彼女はわざとトイレを詰まらせ、管理人であるオスカーを呼び出す。
彼の家のカギをそっと盗み出し、オスカーの家へ上がり込むジェシカ。
すぐに家に戻ってきたオスカーだったが、そのわずかな時間にジェシカは彼が大家の恋人に渡米させるためパスポートを偽造した証拠を見つけることに成功するが、彼はアートのための写真だ、と弁明した。(確かに大家の家にはカンボジア人の彼の顔をモチーフにしたアートが…)

 

トリシュの家
調査に夢中になっていたトリシュはそっと近づいてきたグリフィンに驚く。
銃をとっさに構えたトリシュだったがグリフィンだとわかって銃を奥の部屋へ直しに行った。
その隙にグリフィンは彼女が調査に使っていたPCにUSBを差し込みデータを盗んでいく。

 

エイリアス探偵事務所
ジェリが初めてジェシカの事務所にやってくる。
チェンの訴状を手渡しながらジェリはジェシカに「もう一度戻ってきて欲しい」と頼む。
その理由は「パートナーたちが自分を追い出そうとしているのをやめさせたい」から。
ジェシカがやめさせようとする理由は何かを問いただすと、「ALSであることがわかったからだ」と答えた。今は痙攣しか症状は出ていないと言うが…。
孤独な今の状態を自虐的に語るジェリに協力することにするジェシカ。

 

ALS:筋萎縮性側索硬化症

ALSで侵されるのは、随意運動を行う筋肉(随意筋)を支配する運動ニューロンです。随意運動とは、手を上げるなど自分の思いどおりにからだを動かす働きのことです。心臓や消化器も筋肉でできていますが、随意筋ではありません。心臓が動き、胃や腸で食べ物が消化されるのは無意識に自動的に働いており、これを支配しているのが「自律神経」です。ALSでは自律神経は侵されないので、心臓や消化器の働きには影響がありません。
 しかし呼吸は、自律神経と随意筋である呼吸筋の両方が関係するので、ALSで運動ニューロンが侵されると、呼吸筋が次第に弱くなって呼吸が困難になります。

出典元:www.als.gr.jp/public/als_about/about_01.html

Advertisment

 

トリシュ・トーク
トラウマ研究の第一人者としてハンセン医師をピックアップする。
番組で医師の知人や同僚から本人の情報を集めようと言う魂胆だ。
番組終了後すぐに女性から電話がかかってきて、ハンセン医師本人であると名乗り、今夜1人で会いに来てほしい…と言われてしまう。
ジェシカに相談して会いに行こうとするトリシュだったが危険すぎると判断したジェシカは、彼女がハンセンに会いに行けないようにパパラッチとマルコムを使うことに。

 

ハンセン医師との待ち合わせ場所
トリシュの代わりにやってきたジェシカ。
バーに髪の毛がボサボサの女性がやってくる。
彼女はIGHは悪くないと言うが回答が的を得ない…。
画期的な遺伝子技術で人を救ったという…。

 

トリシュの自宅
ジェシカに言われてお目付け役でやってきたマルコム。
2人が以前のマックスとのやり取りの映像の話をしていると、モーリーから電話があり、頭部はレスリー・ハンセンのものであるということが判明する。
では、今ジェシカが会っている女は…?

 

バー
ハンセンと名乗る女に「事故から生き残れたことに感謝すべきだ」と言われ、「家族と共に死にたかった」と反発するジェシカ。
2人は言い合いになり、ハンセンと名乗る女は怪力でジェシカを圧倒し逃走してしまうが、その場にマルコムとやってきたトリシュのパパラッチの写真にその姿を捉えることに成功した。

 

ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2 第3話の感想

ジェシカ以外にも怪力女がいました!
レスリー・ハンセンと名乗る女はハンセンではなかったですし、本当のハンセンの遺体や荷物を全て地下まで運び、焼却したのも彼女…?
怪力だし、彼女なら可能ですね。

グリフィンの行動も謎です。
普通にいい彼氏なのだと思っていました(笑)
彼も元軍人のようですし、シンプソンやイザヤのように何か知っているのかな…?
トリシュにもわざと近づいた?

 

ジェシカ・ジョーンズ:シーズン2 第3話に登場する登場人物・キャスト一覧

ジェシカ・ジョーンズ
キャスト:クリステン・リッタ-
吹き替え:渡辺明乃

パトリック・”トリシュ”・ウォーカー
キャスト:レイチェル・テイラー
吹き替え:木下沙華

怪力女、アリサ・ジョーンズ
キャスト:ジャネット・マクティア

グリフィン・シンクレア
キャスト:ハル・オズサン

プライス・チェン
キャスト:テリー・チェン

マルコム・デュカス
キャスト:エカ・ダーヴィル
吹き替え:中林俊史

ジェリ・ホガース
キャスト:キャリー=アン・モス
吹き替え:日野由利加

オスカー・アローチョ
キャスト:J・R・ラミレス

フォギー・ネルソン
キャスト:エルデン・ヘンソン

 

前後のストーリー

◇第2話◇

◇第4話◇

Advertisment