Share
NETFLIX【パニッシャー】第6話あらすじ・ネタバレ・レビュー

NETFLIX【パニッシャー】第6話あらすじ・ネタバレ・レビュー

Advertisment

 

エージェント・オレンジことウィリアム・ローリンズが差し向けた追っ手により殺されそうになったグンナーとフランク。
森の中で倒れていたフランクはマイクロに発見され、何とか事なきを得るが…。

 

パニッシャー第6話のネタバレ

マイクロの隠れ家。
森の中でウィリアムの追っ手によって重傷を負ったフランクを助けるため、マイクロはフランクの正体を知っている元衛生兵のカーティスのもとへ向かう。
カーティスはフランクが敗血症を起こしていると診断し、フランクの体に刺さったままの矢を貫通させ体から引き抜く。
乱暴な治療にマイクロはおっかなびっくり…。

 

マダニの部屋。
ビリーとマダニは朝からお盛ん。
しかし、ビリーは偶然彼女のカバンの中のあったフランクの資料に気づく。
フランクと同じ部隊にいた自分を利用していたのかとマダニを責めるビリー。

 

マイクロの隠れ家。
フランクは治療を受け快方に向かうが、マイクロからグンナーは死んでしまったと聞かされる。

 

カーティスのセラピー。
ルイスをそそのかした年配の参加者オコナーが遂に本性を現す。
過去を受け止め癒そうとするわけでもない、その過激な発言にカーティスは反論するが、その言葉は弱く…。

 

サラの家。
サラは今日も買ってきたハンバーガーを夕食に出す。
息子のザックは家には今までなかったスケボーで遊んでいて、サラはそのスケボーは友達からくすねてきたんでしょう!と叱る。すると突然ザックは姉に殴り掛かり、「この家族はチクるやつばっかりだ!」と家を出て行ってしまう。
その様子をカメラで見ていたマイクロは言葉が出ない…。

 

国土安全保障省。
サムがマダニにグンナーが死体で見つかったという情報を持ってくる。

 

マイクロの隠れ家。
時を同じくして、マイクロが傍受していた無線からビリーの声が…。
それはフランクの生存を知っているかのような語り掛けだった。

 

裁判所前。
ルイスと同じカーティスの集会の参加者で彼に銃を持つことを勧めたオコナーは、銃を持つ権利を求めて裁判所前でビラを配り始める。
注意しに来た警官にしつこく食い下がるルイスは「拳銃を触ろうとした」と言いがかりをつけられ拘束されてしまう。
それを見捨てるように去っていくオコナー。
冷たいおっさん。

 

ケンタッキーの山中。
マダニとサムがグンナーの死体発見現場にやってくる。
2人は血痕からグンナー以外に仲間を見捨てない、もう1人がその場にいたことを知り、フランクではないかと結論付けた。
内密に、残された血痕からDNA鑑定を行うことにする2人。
結果、フランクのDNAと一致した。

 

マイクロの隠れ家。
マイクロはなんと、たまたま傍受していた無線でビリーがフランクに呼びかけていることを知る。
マイクロは、「ビリーがフランクの生存を知っているのではないか」「本当にただの友達なのか」とフランクに問い詰めるが、フランクはビリーのことを信じ切っていて「第2の家族だった」とまで言い切る。
民間の軍事会社を経営し政府とも関わりがあるビリーを信用できない様子のマイクロ。

 

カーティスの集会所。
裁判所でのビラ配りで警察に留置されていたルイスの保釈金を支払ったカーティスのもとへ、ルイスがやってくる。ビリーに自分の状態を話したことを咎めるルイスだったが、ルイスをそそのかしていたオコナーが実は経歴を偽っており、戦闘経験などないことをカーティスから知らされる。

 

とある海辺。
マダニはビリーにフランクが生きていることを打ち明け、彼を出頭させるために手伝ってほしいという。
ビリーはすでに生きていることを知ってか知らずか、カーティスのところへやってきてフランク生存についてカマをかけるがカーティスはシラを切り通し、マイクロの隠れ家へやってきて2人にビリーのことを報告する。
ビリーが「フランクを助けたい」と言っていたと聞いて心が揺れるフランク。

 

オコナーの家。
ルイスが彼の家にやってきて経歴で嘘をついていたことを責める。
オコナーが先に武器を持ち出し、もみ合いになるがルイスはその武器を取り上げ、彼に何度も突き刺すのであった…。

 

とある海辺。
ビリーと会うことにしたフランク。
そこで2人は他愛もない話からマダニが明らかにしようとしているカンダハールでの任務の話になる。
フランクは自分たちが従事したケルベロス作戦には裏があり、ヘロインを戦死した兵士の遺体の中に詰めて密輸していた黒幕として、スクーノヴァ、CIAのエージェント・オレンジ(ウィリアム・ローリンズ)、霊安施設担当のベネット大佐の名前を挙げる。
しかしビリーはフランクに「これがマリアの望んだことか?」と問いかけ、「今夜国を出て、新しい身分を用意するから俺と一緒に働こう。この件には関わらない方がいい」と言う…。

 

マイクロの隠れ家。
ビリーに会いに行ってからなかなか帰ってこないフランクの不在で、寂しさを感じている様子のマイクロ。
フランクはビリーに会いに行った足でサラの家へ向かっていた。
サラに前回の食事の約束をすっぽかしてしまったことを謝罪しに行ったのだ。

Advertisment

 

海辺。
夜、ビリーはフランクに話していた国外での仕事のため海辺にいた。
フランクが来ているかもしれないと合図を送るが何の反応もなかった。
車に戻るビリー、その隣には…エージェント・オレンジことウィリアム・ローリンズが…!
ウィリアムに「奴は来ない」と報告するのであった。

 

パニッシャー第6話の感想

 

あぁ~!
遂にビリーがしっぽを出しましたね!
友達ヅラしやがって~!

マダニも仕事のことをペラペラしゃべりすぎです!

ルイスはおかしな目つきで何かやらかすだろうと思っていましたが、案の定人を殺してしまいました。
戦争体験というのはとてもナイーブで、体験者にとっては人生から切り離しがたい経験であることが伝わってきました。
人を殺してしまうのは…ダメですが。

カーティスは相変わらずいい友人です。
集会でも、体験者同士で語り合う、ということが重要なんでしょうね…。

マイクロも少しかわいげがあるし、このままフランクとコンビを組んで家族のもとに帰って欲しいと思います。

 

パニッシャー第6話に登場するキャスト一覧

◇登場人物・キャストを全網羅した完全版はこちら◇

フランク・キャッスル、パニッシャー、ピート・カスティリオーネ
キャスト:ジョン・バーンサル
吹き替え:坂詰貴之

ダイナ・マダニ
キャスト:アンバー・ローズ・レヴァ

マイクロ、デビット・リーバーマン
キャスト:エボン・モス・バクラック

ビリー・ルッソ
キャスト:ベン・バーンズ
吹き替え:佐藤拓也

カーティス・ホイル
キャスト:ジェイソン・R・ムーア

サム・ステイン
キャスト:マイケル・ナサンソン

サラ・リーバーマン
キャスト:ジェイミー・レイ・ニューマン

ルイス・ウィルソン
キャスト:ダニエル・ウェバー

ウィリアム・ローリンズ、エージェント・オレンジ
キャスト:ポール・シュルツ

 

前後のストーリー

◇第5話◇

◇第7話◇

Advertisment