Share
NETFLIX【パニッシャー】第11話あらすじ・ネタバレ・レビュー

NETFLIX【パニッシャー】第11話あらすじ・ネタバレ・レビュー

Advertisment

ルイスの件は落ち着いたが、世間はフランクの生存を知り、フランクはビリーの裏切りを知った。

のうのうとテレビに出演しアンヴィル社の被害者を代表してフランクに語り掛けるビリーを見るフランクの目はおそろしく…。

 

パニッシャー第11話のネタバレ

マイクロは傷ついて戻ってきたフランクの手当てをしようとするが、マイクロが勝手にマダニに接触し事の経緯を話したことに起こっていたフランクは一方的に協力関係の打ち切りを伝え、隠れ家を出ていこうとする。

 

国土安全保障省。
ビリーは警護を連れてマダニのもとへ。
マダニはサムの写真を見せながら事件の真相を白状させようとするも、私的な関係が仇となり聴取は失敗する。

 

サラの家。
警官のかっこうをした男がサラの家にやってくる。
男は「フランク・キャッスルの目撃情報があると電話しましたか?」と尋ねてくるが家族の誰もそのような電話はかけていない。
怪しむサラに男は「あなたたちを保護します」と言い、サラが拒否すると「来てもらう」と態度を豹変させる。
サラは機転を利かせてレオを2階に隠れさせ友達の家に泊まりに行っていることにし、ザックに逃げるよう言うがザックがもう1人に捕まってしまい、サラは手にした包丁を捨てざるをえず、拘束されてしまう…。

 

マイクロの隠れ家。
フランクは例のドクロマークをシンボルとした服を作り直し、ローリンズらを殺しに行こうとする。
無謀だと止めるマイクロと言い合っていたが、フランクはサラの家に起きた異変にカメラの映像から気づく。
動揺するマイクロだったがそこにレオが映っていないことに気づき、2人はレオに連絡を取る。
フランクはレオに携帯を処分するよう伝え、落ち合う場所を決めた。
レオを”プール広場”まで迎えに行くのはマイクロ、サラの携帯からフランクの連絡先と潜伏先を割り出しやってくるであろうビリーやローリンズを待ち受けるのはフランクと、分担が決まり、事態は動き出す…。

 

国土安全保障省。
ヘルナンデスとマダニが副長官にウィリアム・ローリンズやCIAエージェントの違法行為を告発する。
副長官に響いたのか…?

プール広場
死んだはずの父親が目の前に現れ安心するとともに泣き出すレオ。
ひとまずマイクロとレオは安全な所へ隠れることに。

 

マイクロの隠れ家。
フランクは一人残って様々な仕掛けをし、建物自体が20分後には爆発する仕様(マイクロが拘束された時に網膜スキャンで解除していたアレ)にしておいた。
ビリーの部隊が侵入してくるも1人1人静かに始末していく。
部隊がビリーに誰もいないと報告し、ビリーはワナだと気づくも時すでに遅し。
派手な撃ち合いが始まり、フランクはそこら中に仕掛けたワナや武器で部隊を壊滅させる。
フランクはビリー本人が来ているものと思っていたが、覆面を付けた人間は全員ハズレ。
部隊の人間が持っていた携帯からビリーに電話をかけるフランク。
ビリーにサラとザック、マイクロが持っているデータとの交換を持ち掛けられる。

 

街中。
CIAの副長官はローリンズのことを”一線を越えた”と責める。
ローリンズはビリーが勝手にやったことで、ビリーにすべての罪を擦り付け国土安全保障省とCIAを守ると言う。
しかし副長官はローリンズにビリーを葬ったら大義のために辞職しろ、さもなくば刑務所へ行くことになる、と決別する。
副長官は自身に飛び火することになっても、と強い意志だ。

 

車内。
マイクロとレオは車内でフランクと落ち合うため待っていたが、時刻は約束の12時を過ぎてしまい心配するが、フランクはマダニを連れてやってきた。

 

パニッシャー第11話の感想

副長官がいい人で嬉しいような意外なような。
ヘルナンデスももっと早くにマダニたちの声に耳を傾けてくれていたら…と思います。

Advertisment

 

そして遂にレオとマイクロは再会することに。
私だったら死んだはずの父親が夜の待ち合わせ場所にいたらかなりビビりますが…ともかく再び会うことができて本当に良かった。

 

パニッシャー第11話に登場するキャスト一覧

◇登場人物・キャストを全網羅した完全版はこちら◇

フランク・キャッスル、パニッシャー、ピート・カスティリオーネ
キャスト:ジョン・バーンサル
吹き替え:坂詰貴之

ダイナ・マダニ
キャスト:アンバー・ローズ・レヴァ

マイクロ、デビット・リーバーマン
キャスト:エボン・モス・バクラック

ビリー・ルッソ
キャスト:ベン・バーンズ
吹き替え:佐藤拓也

サラ・リーバーマン
キャスト:ジェイミー・レイ・ニューマン

ラファエル・ヘルナンデス
キャスト:トニー・ブラナ

ウィリアム・ローリンズ
キャスト:ポール・シュルツ

 

前後のストーリー

◇第10話◇

◇第12話◇

Advertisment