Share
NETFLIX【パニッシャー】第1話あらすじ&レビュー

NETFLIX【パニッシャー】第1話あらすじ&レビュー

パニッシャー第1話「午後3時」のあらすじ

デアデビルS2で家族を巻き込んだギャングたちを次々と殺害していったパニッシャーことフランク・キャッスル。
ついに最後の一人まで完遂し彼の復讐は終えたかのように見えたが、名前を変えピートという工事現場作業員として働くようになった現在も家族の記憶がフラッシュバックする辛い日々を送っていた。
そんな彼は、ひょんなことから出会った青年を助けてやったことでマイクロという謎の人物に正体を見破られ、自身が赴任していたカンダハールでの任務についての秘密を知ることになる。

 

パニッシャー第1話「午後3時」のネタバレ

ドッグスオブヘルの残党2名・カルテルの生き残り1人・バイカーの生き残り1人を殺害することに成功したフランク・キャッスルは例のドクロマークの衣装を燃やし、”パニッシャー”を引退していた。

名をピート・カスティリオーネと変えて工事現場作業員としてコンクリートを斧で破壊し続ける毎日。
復讐が済んでも心はまったく晴れずひげは生えっぱなし。

工事現場では仕切り屋でリーダー格の男から変人扱いされていたフランクだったが、新人で父親がフランクと同じ海兵隊にいたというドニーという青年に懐かれる。

数日後、仕切り屋の男からポーカーの現場を襲う計画に誘われたドニーは断り切れず、参加することになってしまう。
しかし襲った現場で免許証を落とすというヘマをやらかしてしまったドニーはメンバーたちによって工事現場でコンクリート詰めにして始末されそうになるが、フラッシュバックのせいで寝付けず工事現場で斧を振るっていたフランクに助けられる。

フランクはその後ポーカーを取り仕切っていて仕返しにドニーを探し出そうとしていたヌーチを含むメンバー全員を殺害。
ドニーにはポーカーの賞金をも持って祖母と一緒に街を出るよう促すのだった…。

 

パニッシャー第1話「午後3時」の感想

いきなりパニッシャーではなくなってしまった!

なんと、今作ではパニッシャーの復讐のその後が描かれています。
パニッシャーの衣装をデアデビルS2で作成したかと思いきや第一話でいきなり焼却処分となってしまったので驚きです。
んーでも前回のはスプレーで吹きかけただけのものだったので今作でキチンとデアデビルのようなスーツができあがるのでしょうか?

フランクの過去の任務に重大な秘密が!?

デアデビルS2で黒幕のスクーノヴァ大佐を殺害したフランク。
その後彼も死んだことにして今回ピート・カスティリオーネとして暮らしています。
なんと、そのことを知っている元海兵隊でフランクと同じくカンダハールの任務に就いていた義足の同僚も登場しました。

彼とフランクのやり取りの中で「15年も訓練した軍隊を見放した」やら「任務がクソだった」などカンダハールでのことが語られています。

Advertisment

そして、そのカンダハールでの事件を追いかけフランクとスクーノヴァ大佐が同時期に死亡したことを不審に思い、捜査しようとしているのは国土安全保障省の女性捜査官ダイナ・マダニ。
ダイナ・マダニ

彼女はどうやらカンダハールの現地で捜査をしようとしたところ本国へ戻されてしまったようで、捜査中に大切な人が殺されてしまったにもかかわらず、これ以上調べてはいけないこの事件に対して並々ならぬ意欲を燃やしています。
彼女の相棒も食えない感じでしたね。(笑)
また、ダイナは移民2世で彼女の母親も精神科医として登場しました。
異国の地で精神科医としてずいぶん成功したようです。

 

カンダハールで一体何があったのか。

ダイナが追っていた事件の発端はヘロインの密輸を行っていた米兵をアフガン警察のアーマード・ズバイルが告発しようとしたところ殺害された…というもの。
このヘロイン密輸はスクーノヴァ大佐が黒幕としてやっていたことなのでしょうか?
これとフランクがどう絡んでくるのか…。
スクーノヴァ大佐の秘密

 

マイクロって何者?

公開前から度々ティーザーで登場する無精ひげの男、マイクロ。
死んだことになっているフランクを生きているものと考え歩行認識でその存在を確認する凄腕のハッカーですが…。
デアデビルS2の最後に「マイクロ」と書かれたCD-ROMをフランクが自宅から持ち出すシーンがありましたよね。
パニッシャーの敵?マイクロ

 

パニッシャー第1話「午後3時」に登場するキャスト一覧

フランク・キャッスル、パニッシャー、ピート・カスティリオーネ
演:ジョン・バーンサル

ドニー(ドナルド・チャベス)
演:ルカ・オリベイラ

ダイナ・マダニ
演:アンバー・ローズ・レヴァ

ファーラ・マダニ
演:ショーレ・アグダシュルー

マイクロ
演:エボン・モス・バクラック

 

Advertisment