Share
映画キャプテン・アメリカ:ファースト・アベンジャーのあらすじやキャストなどの基本情報から結末まで!

映画キャプテン・アメリカ:ファースト・アベンジャーのあらすじやキャストなどの基本情報から結末まで!

基本情報

公開日(アメリカ)2011年7月22日
公開日(日本)2011年10月14日
監督ジョー・ジョンストン
 非常に有名なこの方が監督を務めています。代表監督作品は「ジュマンジ」や「ジュラシック・・パークⅢ」など。
製作ケヴィン・ファイギ
 マーベル映画の製作を一手に担うケヴィン・ファイギ。死ぬ前に一度直接インタビューしてみたいです。はい、どうでもいい。
原作ジョー・サイモン、ジャック・カービー
 キャプテン・アメリカを生み出したのは意外にもスタン・リーではありません。ジョー・サイモンはマーベル・コミックスのっ前身であるタイムリー・コミックスの初代編集長でパートナーでありアーティストであったジャック・カービーと共に、時代と生きるヒーロー「キャプテン・アメリカ」を生み出しました。
音楽アラン・シルヴェストリ
 彼は代表作は数えきれないほどでありマーベル作品以外では「プレデター2」「バック・トゥ・ザ・フューチャー3」「ボディ・ガード」「リロ・アンド・スティッチ」などがあり、マーベル作品では今作以外にも「アベンジャーズ」を担当しています。
興行収入3億1000万円
MCUでの立ち位置フェーズ1の第5作目。映画「マイティ・ソー」の次作に当たり、キャプテン・アメリカシリーズの第1作目となります。

見どころ

この作品をご覧になるにあたって注目していただきたい点は大きく2つ。
1つ目は、コズミック・キューブの由来と最終的に誰の手に渡るのか、という点。
コズミック・キューブとは宇宙に6つしかないと言われるインフィニティ・ストーン(はるか昔、宇宙で大爆発が起こった際に発生した特異点から生まれた強大な力を持つ石)の1つであり、フェーズ3の「インフィニティ・ウォー」へと続くMCUの世界にとって非常に重要な存在です。
それぞれのインフィニティ・ストーンの所在がわからないままMCU作品を観ていると時系列がわからなくなってしまったり、物語のつながりがしっくりこなくなってしまうので気を付けてくださいね。
2つ目はエージェント・カーターの人物像。(※特に女性にオススメ!)
キャプテン・アメリカとの恋愛模様もさることながら女性の活躍が求められなかった時代に、紅一点の輝きを放ちながら重要な責務を全うする勇敢な彼女の姿には多くの女性が勇気付けられるのではないかと思います。
女性ならではの苦悩や置かれた状況を自らの強固な意志でくぐりぬけていく姿は、尊敬に値します。
ちなみに副題の「アベンジャー」は直訳で復讐や敵を討つ、という意味を持っていますが、意訳するならば「キャプテン・アメリカ:最初のミッション」といったところでしょうか…。

 

キャスト

 

キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャーズ

キャプテン・アメリカキャスト:クリス・エヴァンス
本作主人公。もとは病弱な体質で小柄な青年だった。
正義感とあきらめない強い心を持つ。
ケンカを売られたら自分からは絶対に引かず、殴られても殴られても相手が殴り疲れるまで立ち向かっていくタイプ。

エージェント・カーター

エージェント・カーターキャスト:ヘイリー・アトウェル
男ばかりの陸軍にシールドのエージェントとして在籍している女性。
勝ち気で周囲の目に流されず、自らの信念を貫くことができるタフな人物である。

 

エイブラハム・アースキン博士

アースキン博士キャスト:スタンリー・トゥッチ
アウグスブルク出身でドイツで研究をしていたがヒドラやナチズムが台頭し、その思想に反旗を翻しアメリカに亡命した。
本作ではシールドの前身であるSSRの一員として「スーパーソルジャー計画」の中心人物となり研究を続けている。
レッドスカルに超人血清の未完成品を渡したのは彼。

 

バッキー・バーンズ

バッキー・バーンズキャスト:セバスチャン・スタン
スティーブ・ロジャーズとは親友で旧知の仲。
ヤサ男でモテるため女性とあまり付き合いのないスティーブに合コンの場を設けたりすることもある。
戦時には陸軍に入隊志願し、107連隊への配属が決定する。

 

ヨハン・シュミット/レッドスカル

レッドスカルキャスト:ヒューゴ・ウィーヴィング
ナチスの将校。
アースキン博士による未完成の超人血清を接種したことで副作用が起き、彼の際立った人格の一つである悪の部分が突出した人格となってしまった。
コズミック・キューブを探し求めその力を利用してようと企んでいる。
チュートン神話を信奉している。

 

ハワード・スターク

ハワード・スタークキャスト:ドミニク・クーパー
アイアンマンことトニー・スタークの父親でありシールドの全身SSRの創始者である。
天才的な科学者で彼がもたらした技術が戦争の勝利に大いに貢献した。
頭はキレるが無類の女好きである。

 

チェスター・フィリップ大佐

フィリップス大佐とアースキン博士キャスト:トミー・リー・ジョーンズ
「スーパーソルジャー計画」の一員で、候補者を選任する役割を担う。
戦争の前線では指揮も執る。
(キャストのトミー・リー・ジョーンズは「宇宙人ジョーンズ」や映画「メン・イン・ブラック」シリーズで有名ですね。)

 

アーニング・ゾラ博士

アーニング・ゾラ博士キャスト:トビー・ジョーンズ
ナチスでコズミック・キューブを研究している科学者。
レッドスカルの下でコズミック・キューブを使った武器を開発しており、超人血清の精製にも尽力している。
ゾラ博士は今後も姿を変えてMCU作品に登場するので要チェックです。

 

ニック・ヒューリー

ニック・ヒューリーキャスト:サミュエル・L・ジャクソン
シールド長官でキャプテン・アメリカを保護した。
キャプテン・アメリカをアベンジャーズのメンバーに加えようと考えている。

 

あらすじ(ネタバレあり)

 

現在

南極で氷に埋もれた戦闘機が発見され、その中へ入っていくシールドの探索チーム…。
吹雪に埋もれた戦闘機

キャプテン・アメリカ発見

 

1942年3月ノルウェーのトンスベルグ

とある村にある教会へ侵攻したナチスのヨハン・シュミット(レッドスカル)。
コズミック・キューブを奪いに来たヒドラ
老人がその教会に隠されたものを守ろうとするもシュミット(レッドスカル)が壁に掘られたユグドラシルの根にまきつく蛇の目を押すと、コズミック・キューブが…。
村をせん滅しその場を去っていきます。
(このシーンは映画「マイティ・ソー」とつながっています。ラウフェイら氷の巨人が地球に侵攻した際の場所がノルウェーだったのでしょう。オーディンがこの戦いの際にアスガルドの支配下にある地球(ミッドガルド)にコズミック・キューブを残しました。)

 

アメリカ 徴兵検査場

またも徴兵検査に不合格となってしまったスティーブ。

その後に立ち寄った映画館で、国民の士気高揚のための映像が本編の前に流れますがその映像にヤジをとばすゴロツキが。
注意したスティーブは路上で袋叩きにされてしまいますが、何度殴られてもあきらめないスティーブ。
ゴロツキに殴られるスティーブ
そこへ助け船を出したのは近くを通りかかった親友のバッキーです。
バッキー・バーンズ
バッキーはルックスも体格も良いため2人が並ぶと非常に対照的であり、スティーブの貧弱さがよく表現されています。
バッキーはスティーブに107連隊に配属となったこと、明日イングランドへ出発することを告げます。
そして最後の遠国での夜を楽しむため、女の子2人とスティーブを連れて万国博覧会へ。

 

ハワード・スタークも参加する技術博覧会

ハワード・スターク
3人と展示物を見て回っていたスティーブでしたがここでも徴兵検査が行われていることを知り、バッキーの派遣も背中を後押しして不合格だったことを隠して再度検査を受けることに。
2人のやりとりをこっそりと見ていたのはSSRの研究者アースキン博士です。
ちなみに不合格となっていることを隠したり何らかの病状を隠して検査を受けると刑罰が科されます。リスクを承知の上であきらめない彼の行動から「人々の役にたちたい」という強い思いが伝わってきます。
徴兵検査場

いざ検査が始まりスティーブだけが別室に連れていかれてしまいます。
過去に何度も徴兵検査を受けていたことがバレてしまったのかと思いきや、彼の愛国心がアースキン博士の目に留まり徴兵検査に合格したことを告げられます。
アースキン博士との出会い

 

ヒドラの基地

シュミット(レッドスカル)が持ち帰ったコズミック・キューブを使った新兵器がゾラ博士によって開発されています。
アーニング・ゾラ博士
試験運転は成功。交換機も安定しており、新兵器が日の目を見るのも近いようです…。

 

アメリカ陸軍訓練場

集められたのは「スーパーソルジャー計画」のスーパーソルジャー候補生たち。
屈強なメンバーの中に一人、やせっぽっちのスティーブが。
エージェント・カーターは彼らの指導員で、女性であることをあげつらった候補生を簡単に締め上げフィリップ大佐と並びます。

Advertisment

とある訓練の最後に5メートルほどのポールに掲げられた旗をとった者がエージェント・カーターの車で宿舎まで送ってもらえるという課題が出されます。
我先にとポールに群がりよじ登ろうとする候補生たちですが、すべってしまい誰一人旗にたどり着くことができません。
我先にと登ろうとする候補生たち
フィリップ大佐がそこまで!と声をかけるとランニングから遅れてやってきたスティーブがポールを収納し旗を手にして戻ってきます。
頭の良さでカーターの車で意気揚々と帰ることができたスティーブ。
彼の外見を馬鹿にしていたフィリップ大佐も驚いたようです。

また、別の日。
この日はアースキン博士とフィリップ大佐、エージェント・カーターがそろって訓練を見守っています。
アースキン博士とフィリップ大佐の候補生に対する見解は異なっていましたが、アースキン博士はヨハン・シュミットに起きた超人血清の副作用から外見ではなく、中身が重要であると主張します。
そしてその中身とやらを確かめるべく、候補生らの中に手りゅう弾を投げ込むのです!

「手りゅう弾だ!」という声に一斉に物陰や地面に臥せる候補生たち。
しかし、その中で勇敢にも手りゅう弾を抱え込み、身を挺して被害を最小限に抑え込もうとする一人の候補生が…。
身を挺してみんなを守ろうとするスティーブ
スティーブでした。

この出来事にフィリップ大佐もついにスティーブに超人血清を使用することを許可します。
フィリップ大佐とアースキン博士

血清の投与前日、アースキン博士がスティーブのところへやってきて酒を酌み交わします。(といってもスティーブは明日に実験を控えているためお預け)
アースキン博士は自身の身の上をスティーブに語り、過去のあやまち(ヨハン・シュミット(レッドスカル)に未完成ながら超人血清を渡してしまったこと)の上で君を選んだのだと告げるのでした。

 

スーパーソルジャー計画の実験場、SSR敷地内

エージェント・カーターの案内でとある骨董品店にやってきたスティーブ。
エージェント・カーターの案内でSSRへ
その店の老女店主にカーターが暗号を伝え、中へ…。
そこは巨大な地下研究施設。
国防総省のクレムソンという人物や将軍らギャラリーが見守る中、ハワード・スタークが実験装置の調整を行い、いよいよ装置の中へ入ったスティーブにヴァイタ・レイ(ヴェータ線)を浴びせいよいよスーパーソルジャー計画がスタートします。
ちなみにハルクはこの超人計画の再現に失敗して生まれた存在です。ブルース・バナー博士はヴェータ線ではなくガンマ線を浴びてしまいました。当時の技術で実験を成功させたアースキン博士は天才だったのですね。
スーパーソルジャー計画スタート
見事に実験は成功し、スティーブ(キャプテン・アメリカ)は屈強でムキムキな青年に生まれ変わります。
スーパーソルジャー計画のスタート
みなで実験の成功を喜び合う中で突如発砲音が鳴り響きます。
倒れるアースキン博士。
暗殺されたアースキン博士
発砲したのは見学者に紛れてアースキン博士暗殺の機会を伺っていたハインツ・クルーガー。
ハインツはアースキン博士がつくった最後の血清を持ってその場から逃走します。

アースキン博士から「心を大事にするんだ」と最期の言葉をかけられたスティーブ(キャプテン・アメリカ)はハインツを捕まえるため追いかけますが、その最中で持ち出した血清は破壊され潜水艦で逃走しようとしたハインツはスティーブ(キャプテン・アメリカ)に捕まり、「ヒドラ、万歳」とつぶやき奥歯に詰めた毒物で自殺してしまいます。

 

ヒドラの基地

シュミット(レッドスカル)は総統の部下たちにアーニング・ゾラ博士が開発した新兵器を披露します。この新兵器を発砲すると、的にされた人間は跡形もなく消え去ってしまいます…。
この兵器、どこかで見たことあるな?と言う方もいらっしゃるのでは。そうです。ドラマ「エージェント・オブ・シールド」でフィル・コールソンがジョン・ギャレットを抹殺する際に使用していました。
そしてシュミット(レッドスカル)は、「総統のもとではヒドラは発展できない」とも述べるのでした。
レッドスカル

 

SSR敷地内

クレムソンが乗っていた潜水艦を調べるハワード・スタークはその技術の高さに驚かされます。
ヒドラが作ったものであることは間違いないようです。
潜水艦を調べるハワード・スターク

 

イタリアの前線

アースキン博士の死と血清が失われたことによりスーパーソルジャー計画はとん挫し、唯一の超人となったスティーブ(キャプテン・アメリカ)でしたが「1人だけでは戦争で使えない」とされ、戦争の士気高揚のマスコット的な存在「キャプテン・アメリカ」として演劇をしながら各地の戦線を回るようになります。
演技させられるキャプテン・アメリカ
しかし、そんな自分の存在をサーカスのサルに例えて疑問を感じ始めていたスティーブ(キャプテン・アメリカ)。
時を同じくしてバッキーが所属する107連隊のほとんどがオーストリアの武器工場で捕虜にとられてしまったことを偶然耳にします。
彼らの救出計画は人員の問題から検討されず、スティーブ(キャプテン・アメリカ)はカーターとハワードの協力で単身彼らを救い出すことを決意します。

 

オーストリアの空域、兵器工場

ハワードの操縦で飛行機は兵器工場のゲートから50km近くまで飛び、スティーブ(キャプテン・アメリカ)はそこから降下、木々に隠れながら工場までやってきます。

積み荷に紛れて兵器工場内に忍び込んだ彼は”ワルキューレ”という名前の兵器がつくられていることを知ります。(例の青い光で人を跡形もなく消し去る兵器)
閉じ込められている者を救出していくスティーブ(キャプテン・アメリカ)。
捕虜になった兵士たち
しかしその捕虜たちのなかにバッキーの姿はありません。
工場内を捜し歩くスティーブ(キャプテン・アメリカ)はゾラ博士の部屋でナチスの拠点が記された地図とベッドに拘束されわけのわからない言葉をつぶやいているバッキーを発見します。(実はこの時すでにバッキーはゾラ博士により超人血清を接種され超人化している)
外の騒がしさと監視カメラの映像でキャプテン・アメリカがやってきたことを知ったシュミット(レッドスカル)とゾラはコズミック・キューブを持って兵器工場を爆破して逃亡します。

 

イタリアの陣営、ヨーロッパ各地

スティーブ(キャプテン・アメリカ)が戻らないため、キャプテン・アメリカは死んだとみなされ大佐から叱責されるエージェント・カーター。しかし、そこへ107連隊の捕虜たちを連れて彼(キャプテン・アメリカ)が帰還します!

前線からいったん戻ってきたスティーブ(キャプテン・アメリカ)は名誉勲章を受章。エージェント・カーターとダンスの約束も取り付けます。
スティーブに名誉勲章を授与するスタン・リー

SSR内での信頼も得てバッキー、ダム・ダム・デューガン、ゲイブ・ジョーンズ、ジム・モリタ、ジェームズ・モントゴメリー・ファルスワース、ジャック・デルニエらでハウリング・コマンダーズを結成し、ゾラ博士の部屋にあった地図をもとにヒドラの基地を次々と壊滅させシュミット(レッドスカル)を追い詰めていくスティーブ(キャプテン・アメリカ)。

そんな中でスティーブ(キャプテン・アメリカ)はスーツの開発をハワードに依頼。
かの有名なヴィヴラニウムを使用した盾と特性のスーツが完成します。
(盾の性能はエージェント・カーターの激怒によって証明されます。後方支援の女性事務員とキスしたところをカーターに目撃されてしまったからなのですが、ヒーローも魔が差すんですね…(呆)「フォンデュ」の意味も知らないうぶな青年なのに。)

しかし、ハウリング・コマンダーズと共に向かったゾラ博士を拘束する任務の最中にバッキーを失ってしまいます。
お酒を飲めど代謝が活発すぎる体では酔えないと嘆くスティーブ(キャプテン・アメリカ)を励ますのはエージェント・カーターです。

しかしフィリップ大佐が拘束したゾラからシュミット(レッドスカル)の企みを聞き出すことに成功します。

シュミット(レッドスカル)は開発した新兵器を連合国側の都市に発車するため基地から戦闘機で離陸しようとしているところでしたが、間一髪フィリップ大佐とエージェント・カーターの助けでスティーブ(キャプテン・アメリカ)が乗り込みます。
ヒドラの基地

シュミットの飛行機にスティーブを送り出すエージェント・カーター
1対1で闘うシュミット(レッドスカル)とスティーブ(キャプテン・アメリカ)。
コズミック・キューブが戦いの中で不安定化し素手で掴んだシュミット(レッドスカル)を吸い込んだかと思うと、戦闘機の底を貫通して海のど真ん中へ落下していきます。

スティーブ(キャプテン・アメリカ)は爆弾を積んだこの戦闘機を、時間がないため氷河の中に不時着させることに…。
必死で止めるエージェント・カーターの声を振り切ってダンスの約束を延期した後、スティーブ(キャプテン・アメリカ)は戦闘機もろとも氷河の中へ墜落するのでした。
戦闘機を不時着させるキャプテン・アメリカ

 

終戦後

ハワード・スタークが海中に落下したコズミック・キューブを回収。

 

現代

スティーブ(キャプテン・アメリカ)が目覚めたのはベッドの上。
目覚めたキャプテン・アメリカ
ラジオからは聞き覚えのあるメジャーリーグの実況が…。
時系列のおおかしさに気づいたスティーブ(キャプテン・アメリカ)は部屋から飛び出します。
外に出た彼を待っていたのは戦時からずいぶん様変わりした現代のニューヨーク。
唖然としている彼に「君は70年近く眠っていたのだよ」と声をかけたのはシールドの長官ニック・ヒューリーでした。
ニック・ヒューリー

 

Advertisment