Share
映画スパイダーマンシリーズの【歴代スーツ】全比較!

映画スパイダーマンシリーズの【歴代スーツ】全比較!

歴代コスチュームを並べて比較!知ってるようで知らないスパイダーマンスーツを「ホームカミング」の前におさらい!

Advertisment

トビー・マグワイアのシリーズ

f:id:labra0403doll:20170425224723p:plain

「スパイダーマン」「スパイダーマン2」「スパイダーマン3」

監督はサム・ライミ。

脇腹の赤と青の切り替えが印象的なスーツです。

クモの網目が一番ハッキリしていて目が大きいのが特徴。

このスーツが最初で最後、クモ糸をウェブ・シューターなしで噴出させる”ナマ糸”仕様です。

シリーズ中ではスパイダーマンとしての生活に疑問に感じ始めたピーターの精神状態が影響し、クモ糸がでなくなったり壁を登ったりできなくなってしまうことも。

また、スーツがより原作に近づくよう細心の注意が払われたのだとか。

アンドリュー・ガーフィールドのシリーズ

f:id:labra0403doll:20170425225020p:plain

「アメイジング・スパイダーマン」「アメイジング・スパイダーマン2」

目やスーツ全体の色が他と比べて抑えられており、ダークで大人っぽい雰囲気に。

このシリーズでのクモ糸は手首の裏にあるピーター・パーカーお手製のウェブ・シューターから放つようになっています。

エレクトロが現れた際にはウェブ・シューターもスーツ自体も防感電仕様に改良されました。

トム・ホランドのシリーズ

f:id:labra0403doll:20170425225251p:plain

※「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」で登場済み

「スパイダーマン:ホームカミング」(今年7月7日公開)

「スパイダーマン:ホームカミング続編」(2019年公開予定)

後姿はこんな感じ。

f:id:labra0403doll:20170409215552j:plain

Advertisment

腕と足にある黒いラインが特徴的です。

クモのシルエットが前2作に比べてキャッチーで親しみやすい印象。

映画「キャプテンアメリカ:シビルォー」でアイアンマンがスパイダーマンを勧誘し、その際にスーツを製作しているのででかなりハイテクとなっています。

これまでのピーターは完全自前のスーツでしたからね…。

今作のスパイダーマンスーツにはカレンというAIが搭載されている模様。(アイアンマンスーツのジャービスのようですね。)

今までにはなかった”目の収縮”で表情豊かになっていたり、空をモモンガのように飛ぶことができたりとすごいことになっています。

また、ウェブ・シューターはレーザー照準付きで噴出するクモ糸の種類を選ぶことも可能で、胸にあるスパイダーマークはドローンにもなります。※8/12追記 クモ糸は65種類もパターンがあります。テーザーウェブ、スプリットウェブなどなど一つひとつに名前があって面白いです。

小さなクモを使ったGPSによる追跡機能もあり。(トニーがピーターの動きを監視するために搭載しているGPSも搭載されていますがネッドが外してしまい…。)

※8/11追記 いよいよアベンジャーズの仲間入り、というシーンでトニーがピーターに渡そうとしたスーツはこれとはまた別の、ゴールドライン入りのスマートなデザインのものでした。アイアンマンだからゴールドなのかな?と思いましたがみなさまはどうお感じになられましたか?

一人の男としてピーターを認めたトニーの思いが込められたデザインになっていると思いますので、ぜひチェックしてみてください!

最後に

いかがでしたでしょうか。

映画を観るにあたってストーリーを理解することも楽しみの一つですが、マーベルにはたくさんの”コスチューム”や”スーツ”、”アーマー”が出てきますのでこれを機に、製作者側のこだわりがつまった”細部”にまでご注目していただけたら幸いです!

Advertisment