Share

デアデビル シーズン2 第6話「パートナー不在」 どこより詳しいネタバレ・感想

デアデビル<NETFLIXドラマ> シーズン2 第6話 詳しすぎるあらすじ

エレクトラにデアデビルとなることを”強要”されるマット。そのころ日本人ヤクザが動き出していました…。

Advertisment

〇エレクトラの部屋

日本人ヤクザが数人でエレクトラの部屋におしかけます。(ちなみに今回はちゃんとした日本語です!聞き取れる!女ヤクザもいます)

f:id:labra0403doll:20170401104441p:plain

エレクトラはデアデビルと彼らを片付けます。

その後2人で朝食をとり彼らは”マットはエレクトラと協力してヤクザをここから追い出す。代わりにエレクトラは今回人殺しはしないし、問題が解決したらこの街から永遠に出ていく。”という取引をします。

f:id:labra0403doll:20170401105930p:plain

〇パニッシャーが入院している病院

ブレットがデアデビルが協力したパニッシャー逮捕のおかげ制服警官から刑事に昇任しています!

f:id:labra0403doll:20170401105916p:plain

マットたちはフランク・キャッスルの弁護のために来たといい、病室に入れてもらえます。

途中レイエスが妨害にやってきますが、マットは言い負かしフランク・キャッスル本人の申し出もあり、弁護人となります。

そして、いざとりかかろうとした時…エレクトラからのお迎えがマットにやってきます。

しぶしぶ下へ降りるマットはエレクトラからロクソン社の極秘台帳を盗むためパーティーに参加すると説明します。ロクソン社がこの街で行っている悪事が暴けると言うエレクトラの言葉にマットは参加を決めます。

〇パーティー会場

経理担当の男からIDケースを盗むため芝居をするマット。

Advertisment

マットの杖はスティックになるんですね!(いまさら?)

f:id:labra0403doll:20170401115237p:plain

IDカードで社内の秘密のエリアへ入っていく2人。

パニッシャーが入院している病院

カレンがフランクに、家族が殺された事件の事実が隠ぺいされていると伝えます。

そしてカレンとフランクは、彼の家の中の様子について語り合います。(フランクは家族を殺された事件以降家に帰っていない)

カレンはフランクに「あなたは愛されていた」と言って家族写真を渡します。

そしてフォギーが死刑を実施しているデラウェア州での殺人が証拠不十分になったので死刑の心配はなくなったと伝えに来ます。

残った罪状は有罪と認めたら25年で仮釈放できると言い、フランクはその通りにすることにしますが、レイエス検事立会いの下の証言では一転して罪状を否認、無罪を訴えます。

あわてるフォギーとカレン…。

〇ロクソン社

あるはずの場所にデータがないというエレクトラ。

侵入がバレ封鎖されてしまいますが…こっそりエッチしてたということにして警備の目をかいくぐります。

そして台帳の中身(ぜんぶ日本語)を確認しますが、人身売買や薬物以外に暗号化されている項目が…。

〇マットの部屋

帰宅したマットをフォギーが待っていました。

裁判になったことを告げ、帰っていくフォギー。

マットが2人いたらいいのにね…。

Advertisment