Share

デアデビル シーズン2 第3話「ニューヨークの精鋭」 どこより詳しいネタバレ・感想

デアデビル<NETFLIXドラマ> シーズン2 第3話 詳しすぎるあらすじ

フォギーが耐えかねてトラックから飛び出し建物へ向かいましたが時すでに遅し、2人の姿はありません…。マットはパニッシャーに拘束されていました。

Advertisment

〇グロットのおとり捜査事件現場

クレアが依頼人をおとりにしたことを責めると、レイエスたちがこの失敗をフォギーたちのせいにもできると脅して去っていきます。

なかなかイヤな女です。

f:id:labra0403doll:20170330105932p:plain

〇ネルソン&マードック法律事務所

クレアが検事局の不正を探している最中、グロットから電話がかかってきますが彼は激怒しており、自分の身は自分で守ると言い電話を切ってしまいます。

〇ER

フォギーはクレアに会いに行きます。

クレアのいるERにはパニッシャーの襲撃を受けたドッグス・オブ・ヘルの男たちであふれていてとても忙しそうですが、フォギーの頼みでクレアはマットがどこの病院にも霊安室にもいないことを確認してくれます。

〇ブレイクのオフィス

Advertisment

クレアはレイエスの不正をつかんで検事補のブレイクに事務所を守る手伝いをしてほしいと頼みます。

レイエスは今まで自分の失敗を検事補たちになすりつけてのしあがってきたようです。だからブレイクがクビになるのも時間の問題だとクレアは半ば脅迫しますがブレイクに効果はなく、追い返されてしまいます。

〇屋上

ある建物の屋上でマットは鎖でぐるぐる巻きにされていました。そばにパニッシャーもいます。

2人は犯罪者の更生について論争しますが”殺さない”マットと”必殺”のパニッシャーの持論は交わらず、パニッシャーはグロットを連れ来てマットに銃を持たせます。

そしてマットがパニッシャーを撃たなければ俺がこいつを殺すと言い、カウントダウンを始めます。

マットは持たされた銃を自分の鎖をほどくために発砲しグロットを助けようとしますが間に合わず、グロットはパニッシャーに射殺されます。

そしてパニッシャーは屋上から地上にある1台のバイクを撃ち爆破します。

何事かと建物の中からでてきたのはドッグス・オブ・ヘルの残党たちで、彼らを射殺しようとするパニッシャー。

それを気絶させやめさせたマットですが、2人に気づいた男たちが屋上にやってこようとします。

階段を下りながら彼らを倒していきますが…。

Advertisment