Share
デアデビル シーズン1 第13話(最終回) 「デアデビル」 ネタバレ・解説

デアデビル シーズン1 第13話(最終回) 「デアデビル」 ネタバレ・解説

デアデビル<NETFLIXドラマ> シーズン1 第13話(最終回) 「デアデビル」 詳しすぎるネタバレ

※本記事のアイキャッチ画像は作品公式
facebookの写真を引用しています。

Advertisment

〇お葬式

ベンのお葬式が執り行われています。

奥さん見ていられません…。

ベン・ユーリックの妻

あんなに旦那さんのこと愛してたのに。

許すまじ、フィスク。

カレンも相当おびえています。

〇フィスクの家

ヴァネッサはこちらに戻ってきました。

まだ横になっているみたいですが、起きてきてフィスクの仕事についてたずねます。

フィスクはウェスリーが残していった書類に不審な点を見つけます。

〇開けた用地

リランドとフィスクが落ち合います。

先の書類の不審点について問いただすフィスク。

汗をかき、手が震えるリランド。

結局リランドは白状します。

お金を横領していたこと、ヴァネッサを殺そうとしたこと…。

さらにリランドはホフマン(買収された刑事のかたわれ。死んだのかと思ってましたが単に姿を隠していただけの模様)を匿っており、通報されたくなければ金の半分をよこせと言います。

もちろんフィスクが許すはずもなく、リランドは殺されます。

フランシスにホフマンを探し出し殺すように命令します。

リランド死んじゃった

フィスク相手にスタンガンじゃ効くわけないのに。

単身乗り込むなんてリランドも何やってるんでしょうね。

〇ボクシングジム

マットがトレーニングをしていると、フォギーがやってきます。

マーシが事務所の書類をコピーして手助けしてくれることになったとフォギーが伝えます。(マーシいい女!)

しかしマットは俺がフィスクをとめると言います。

2人は昔には戻れないけど前に進むことはできる、と警察署に向かいます。

そのときマットは警察官の話声が聞こえ、リランドが匿ったホフマンをフィスクが探していることを知ります。

〇事務所

ホフマンの居場所を書類から探そうとする3人。

マットとフォギーが戻ってきてカレンも嬉しそうです。

そして帳簿から消えた不審な建物を発見します。

そこに警察(と言ってもフィスクに買収されたやつら)が乗り込んでホフマンを殺そうとしますが、マット登場!

全員を倒してホフマンに、ブレット(マットたちと知り合いの警官)にフィスクについて証言するよう言います。

Advertisment

そうしてホフマンは自首するのです。

手先たちは全員捕まります…。

編集等はクロかと思いきや、やっぱりあの女社員でした!

ムダに尺が長いわけです。

マーシの上司も逮捕。

微笑むマーシ。いいやつ。

上院議員も逮捕。

〇フィスクの家

テレビを見てフィスクに逃げましょう、というヴァネッサ。

おいおい、そこは自首しましょうとかじゃないのかよ。

ヴァネッサだめだわ。美人なのに。

フィスクに何かを頼まれ、婚約指輪を渡されるヴァネッサ。

〇事務所

3人がニュースを見ながら祝杯をあげています。

〇フィスク輸送中のトラック

フィスクは聖書の話をし始めます。

そしたらなんと、輸送中のトラックが武装した集団に襲われます。

護送していたFBIのうちの1人はなんとフィスクの手下!

フィスクどこまで買収してるんでしょうか…。

〇事務所

これを知った3人はとりあえず街から出ることにします。

襲われちゃうかもしれないですもんね。

〇道路上

フィスク脱出!

「こちらへ!」とか言われながら武装手段に守られながら別の車に乗り換えるフィスク。

〇裁縫工場

マットはフィスクとの直接対決の前に、つくってもらった衣装を取りに行きます。

かっこいいですね。

ダークな色合いで。

〇道路上

フィスクの乗ったトラックを横転させるマット。

逮捕されるウィルソン・フィスク

困り顔のフィスク。

フィスク最後は走って逃げます!

でも遅いな。私でも追いつけそう。

フィスクは追い詰められてマジギレ。

が、マットが勝利します。

フィスクは逮捕されます。

ヴァネッサは時間になっても来ないフィスクを置いてヘリで街を去っていきます。

〇翌日、新しい事務所

マットとフォギーは新しい事務所に引っ越します。

表札も立派です。捨てなくてよかったね、フォギー。

新しいネルソン&マードック法律事務所

そして覆面の男は「デアデビル(命知らず)」として新聞の記事を飾ります。

フィスクは牢屋に…でもすぐに看守を買収して出てきそう笑

デアデビルは街の悲鳴に耳を傾けながら活動を続けます…。

そして今回のオープニングはマンガのパラパラ音がありませんでした。

一説によると、ベンが亡くなってしまったことに対する哀悼の意を表しているそうですよ。

他のドラマシリーズでも重要な人物が亡くなるとパラパラ音がなく静かに始まっていますので、ご注目。

Advertisment