Share
デアデビル シーズン1 第10話 「親友との対立」 ネタバレ解説

デアデビル シーズン1 第10話 「親友との対立」 ネタバレ解説

デアデビル<NETFLIXドラマ> シーズン1 第10話 「親友との対立」 詳しすぎるネタバレ

※本記事のアイキャッチ画像は作品公式
facebookの写真を引用しています。

Advertisment

〇マットの部屋

マットが目を覚ましました。

傷が塗ってあります。

フォギーがクレアを呼んで傷の手当てをしてくれていました。

〇マットとフォギーの学生時代

2人は大学のルームメイトとして出会います。

マットは事故で老人をかばったとして有名だったらしいです。

〇マットの部屋

フォギーはとても怒っています。

〇ビルの屋上

マダム・ガオとフィスクがノブの死について話し合っています。

ガオは暗にこのまま抑圧者として君臨するか、ヴァネッサに対する情に流されるのか、選択しろ言います。

誰か他の者に選ばれる前に…。

マダム・ガオとウィルソン・フィスク

これはヴァネッサが仕事のジャマになっているということですよね?

確かに、ヴァネッサが登場しだしたくらいからフィスクの仕事って問題だらけになっちゃったような。

Advertisment

〇病院

ベンは奥さんのお見舞いに来ています。

2人は仲良しなんですね。

奥さんは芯の強い人のようです。

でも、認知症か何かでしょうか。ふいに意識がほかのところへ行ってしまうんですね…。

〇マットの部屋

フォギーに洗いざらい話すマット。

フォギーは成績優秀で卒業したんじゃないのかも…?

〇新聞社

ベンは奥さんのためにホスピスを探しています…。

編集長がベンに異動しないかと持ちかけますが、ベンはすぐに返事をしません。

〇事務所

ベンがカレンに会いに来ます。

これまで調べた資料をカレンに託そうとします。

奥さんの引き取り先で悩むベンにカレンは「北部にいい施設があるから来てほしい」と言います。

〇介護施設

施設はとても豪華でベンはとてもじゃないがムリだと言いますが、カレンは奥に入っていきます。

〇マットの部屋

マットが最初にクライムファイターとしてのターゲットにしたのはわが子に性的虐待を加える父親でした。

児童相談所に通報したがどうにもならなかったから自分でやったのだと言います。

〇介護施設

カレンはある部屋に入っています。

そこにいた老女に声をかけます。

その老女は、フィスクの母親でした。

昔の記憶を断片的に覚えていて、フィスクが父親を殺したことを話すのでした。

〇パーティー会場

その頃フィスクは後援の人々を集めてパーティーを開いていました。

ウェルカムドリンクが配られます。

しかし、そのドリンクを飲んだ人々が次々と倒れます。

その中にいたのはヴァネッサです…!

Advertisment