Share

デアデビル シーズン1 第1話 「戦いのゴング」 ネタバレ解説

デアデビル<NETFLIXドラマ> シーズン1 第1話 「戦いのゴング」 詳しすぎるネタバレ

Advertisment

◯事故、過去の回想

事故に遭ってしまったマット

マットが事故にあい、流出した有害廃棄物により失明します。

マットは老人をかばい巻き込まれてしまったようです。

場所はヘルズキッチン。このドラマの舞台ですね。

◯現在、神父への懺悔

マットは長い間告白に来ていなかったことを神父に謝ります。

父のことを「しぶとく、粘り強いボクサーだった」と言い、「リングで父がキレると悪魔のようだった」と話します。

そして「これからのこと(クライムファイターとして私刑を下すこと)を赦してほしい」と言いますが神父は「それ(将来のこと)では懺悔にならない」と返します。

◯夜になりマフィアが観光客を誘拐

海辺のコンテナに監禁しようとしています。

人身売買でしょうか。

マット(覆面の男)は誘拐された観光客を助けに行きます。

マフィアを一人ずつ片づけて、観光客たちに警察に行くようにとだけ言ってその場を去ります。

観光客を助けるマット

マフィアたちの心音が聞こえるほどの聴力を持っているんですね。

目は覆面で隠していますが、まるで見えているかのように動き回り尋常じゃない運動能力です。

マフィアボコボコに…。

◯翌朝

フォギーはマットと待ち合わせの前に面白い事件があったら教えてくれるようなじみの警官(ブレット)に差し入れを渡します。

(この警官は後々フィスクに買収されていない数少ない警官として活躍します!)

マットはフォギーと事務所探しに出かけました。

場所はもちろんヘルズキッチン。

◯殺人現場

カレンが包丁を持って呆然としているところに警官が押し入り、彼女は逮捕されてしまいます。

さっきの警官(ブレット)から面白い事件があったとフォギーに連絡が入り、カレンから直接事件について聞くことに。

◯警察署

カレンのいる部屋に入るマットとフォギー。

(刑事が2人いるのですが、彼らはフィスクに買収された警官で後々のキーパーソンとなります。動向に注目です!)

刑事たちがマットたちを怪しみますが彼女の弁護士だと言って(実際そうなるのですが)席を外させます。

殺されたのはダニエル・フィッシャーという男性でカレンの同僚。ユニオンア・アライド建設の法務部に勤めていました。

カレンはそこで秘書をしていました。

その日2人で飲みに行って、目覚めたらカレンの部屋で彼は血まみれになっていたと供述します。

マットはカレンの心音で彼女が本当のことを言っている、つまり彼女は犯人ではないと確信します。

◯街中

ウェスリー(メガネをかけたスーツの男)が中年の男性を脅しています。

Advertisment

この男性はリゴレットという男から金を借りていたようですが、ウェスリーの雇い主(フィスク)がリゴレットからその借金は引き継いだと言います。

(ネタバレ:リゴレットはその昔フィスクの毒父ビルにお金を貸していた男です。引き継いだと言っていますが、フィスクに殺されたようです。)

ウェスリーは中年男性に娘を殺されたくなければ仕事を引き受けてほしいと話し、男性は了承してしまいます…。

ウェスリーもこともなげに脅迫しますねぇ。

殺し屋を使って娘さんを監視させてます。

◯事務所

カレンの事件を引き受けるかどうか、マットとフォギーが話し合っています。

◯留置所

カレンが忍び込んできた警官(さっきの中年男性)に殺されかけます。

マットとフォギーは釈放を要求します。

証拠がそろいすぎているのになかなか起訴されない状況にも疑念を抱きます。

カレンを事務所に連れて帰り、巻き込まれた理由を改めて確認します。

カレンは財務部の秘書でした。そこで会社の計算がおかしいことに気づき、同僚のダニエルに相談したのでした。

ダニエルもカレンに相談される前からおかしいことに気づいていたみたいです。

◯マットの部屋

カレンはマットに不正のデータはもうないと話しますが、マットは彼女の心音からウソをついていると知ります。

カレンは不正のデータを隠し持っているようです。

◯ユニオン・アライド建設現場

マダム・ガオ(中国人)、リランド・オウルズウェイ(メガネの年配男性)、ノブ(日本人のヤクザ)、ロシア人の2人が集まり”仕事”について話し合っています。

そこにウェスリーが到着。

ロシア人がお前たちとはもう取引はしないといい帰りかけますが、コンテナの積み荷が少なかった件について(マットが助けた観光客の分だと思われます)ウェスリーがたずねます。

覆面の男(マット)をウェスリーは気にしているようです。

デアデビルのヴィラン

◯カレンの部屋

カレンはマットの部屋を抜け出し自分の部屋にある不正のデータを取りに帰ります。

そこで例の殺し屋に襲われます。

助けるマット(覆面かぶってますが)。

マットは窓から落下して気を失います。

その間昔のことがよみがえってきます。

◯マットとマットの父親

マットの父親はボクシングの試合に負けてケガして帰って来たようです。

マットは宿題の途中にうたた寝をしていたので、父親から続きをするよう促されます。

◯殺し屋と戦闘

これがけっこう泥臭いんですよね笑

素手なので、アベンジャーズなんかと違って派手さはないんですがカッコイイです。

殺し屋から不正のデータを取り返し、縛り上げた殺し屋を新聞社の前に置き去りにして世間に公表します。

◯事務所

カレンが事件から助けてくれたお礼にとマットとフォギーに手料理を振舞います。

そしてカレンが事務所の仲間に加わりました。

マットは一人父親が在籍していたボクシングジムでサンドバックを相手にトレーニングしています。

リランドはユニオン・アライドに送金。

中年男性(娘の命を助ける代わりにカレンを殺そうとした男性)は拳銃自殺。

データを盗むのに失敗した殺し屋は房内で首つり自殺。

マダム・ガオは盲人を使って何かしているようです。

ノブは仲間とで地図を広げています。ヘルズキッチンに「黒空」とかいてあるのですが、何なんでしょう。

ロシア人たちが一台の車を襲い、乗っていた一般人の父親がボコボコに、その子供が誘拐されます。

その子供の叫び声が聞こえたマット。(すごい聴力です)

急ぎ助けに行きますが…。

Advertisment